一般向け/Office(アプリ版)とOfficeオンライン(Web版)

アプリ版と Web 版の見分け方

Microsoft Office には、 パソコン (Windows や macOS) 上で動作するアプリ版と、 Web ブラウザ上で (Web アプリとして) 動作する Web 版があります。 パソコンを買った時にプリインストールされているものや、 Office 365 ProPlus (学生向け/Office 365 ProPlusが利用できます) から インストールするのは前者のアプリ版です。 OneDrive 上で Office ファイルを開いた時に、 Web ブラウザ内で表示されるのが Web 版です。 アプリ版も Web 版も見た目や動作はそっくりですが、 内部の動作はまったく違います。

アプリ版と Web 版の、 2 種類の PowerPoint の外観を比較してみましょう。

powerpoint-app.jpg

powerpoint-online.jpg

ほとんど同じですが、 よくみると外観の違いから見分けることができます。

参考: Web 版の通信量

Web 版は、基本的に Microsoft のサーバ側で大半の処理を行い、 Web ブラウザは主に画面の描画部分を担当しています。 上記の PowerPoint ファイルに、 以下のようなスライドを記入した時の通信量を計測してみました。

powerpoint-rev.jpg

 > ifconfig et0
 eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
         inet 192.168.0.100  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.0.255
         ether 50:c4:dd:d7:5e:79  txqueuelen 1000  (Ethernet)
         RX packets 13183936  bytes 2510819501 (2.3 GiB)
         RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
         TX packets 28768723  bytes 20574738747 (19.1 GiB)
         TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

(Web 版で 3 ページ目のスライドの中身を (書いたり消したりして) 記入し、別名で保存)

 >ifconfig eth0
 eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
         inet 192.168.0.100  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.0.255
         ether 50:c4:dd:d7:5e:79  txqueuelen 1000  (Ethernet)
         RX packets 13227724  bytes 2522839292 (2.3 GiB)
         RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
         TX packets 28844542  bytes 20625069874 (19.2 GiB)
         TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

このくらいの作業だと、 通信量は 2522839292-2510819501 =12019791 (約 12 M バイト) でした。 3G/LTE 回線のような従量制のインターネット接続をしているのであれば、 Web 版ではなく、アプリ版を使ったほうがよさそうです。

コメント


アクセス数: 現在: 5, 今日: 2, 合計: 761


添付ファイル: filepowerpoint-rev.jpg 88件 [詳細] filepowerpoint-online.jpg 81件 [詳細] filepowerpoint-app.jpg 86件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-25 (月) 20:12:12