教員向け/Zoom で出欠を取る方法

はじめに

Zoom を利用してライブ講義や会議を実施する時に、 参加者の出欠を取る方法をいくつか紹介します。 ここでは、Zoom のみで完結する手法に限定します。

それぞれの方法には利点と欠点があるため、 「これがベスト」という方法は存在しません。 また、いずれの方法も、 悪意のある参加者による不正な出席を防ぐことはできません。

ここで紹介した以外にも、 (1) ミーティング中に参加者にチャットで発言してもらいそのログを 記録する、(2) 投票機能を利用して参加者を集計する、 といった方法もあります。 どの方法も、悪意のある参加者による不正な出席を防止できません。 ただし、(2) の投票機能はミーティング中に参加者を集計できるという利点もあります。

Zoom だけで完結することにこだわらなければ、

講義/会議の冒頭で Microsoft Forms の URL をチャットに貼り、出欠フォームから回答してもらう (アクセスを「関西学院のすべてのユーザ」に限定しておく)

というのが簡単で、悪意のある参加者による不正のハードルも多少は上がります。 上の (2) と同じようにミーティング中に参加者も集計できます。 なお、Zoom のチャットは、途中から参加した参加者には見えない点には注意が必要です (URL を講義/会議中に何度か貼る等の対応が必要です)。

要点

それぞれ一長一短がありますが、以下の方法がベターかと思います。

Usage Report を使う方法 (認証なし)

ミーティングを主催したホストが、Usage Report をチェックする。

ミーティング終了後に、 ミーティング主催者の Zoom Web ポータルの Reports→Usage Reports→ Usage にアクセスして、 参加者の一覧を CSV ファイルとしてダウンロードする。

ミーティング参加者の名前、 メールアドレス、接続時刻、 切断時刻、接続時間が取得できる。

一人が、複数の端末を使ってゲストで参加すれば、 複数人が参加しているように簡単に偽装できる。

Usage Report を使う方法 (認証あり)

「Usage Report を使う方法 (認証なし)」と同じ。 ただし、Zoom へのサインインを必須とする。

一人が、複数の Zoom アカウントを取得して、 複数の端末を使って参加すれば、 複数人が参加しているように簡単に偽装できる。

学生には、学院から Zoom アカウントが割り当てられていないことに注意。

Registration を使う方法 (認証なし)

ミーティングの設定で、「Registration あり」にする。

参加者は登録ページに、氏名、メールアドレスを入力する必要がある。 ミーティングの URL は各自にメールで通知される。 ミーティングに参加するためには、ミーティング ID + パスコードではなく、 事前登録によって通知される個別の URL にアクセスする必要がある。

一人が、複数のメールアドレスを取得して (もしくは事前登録の通知メールを取得して)、 複数の端末を使って参加すれば、 複数人が参加しているように簡単に偽装できる。

ミーティング終了後に、 ミーティング主催者の Zoom Web ポータルの Reports→Usage Reports→ Meeting にアクセスして、 参加者の一覧を CSV ファイルとしてダウンロードする。

Registration を使う方法 (認証あり)

「Registration を使う方法 (認証あり)」と同じ。ただし、 Zoom へのサインインを必須とする。

参加者が教職員の場合に限定される (学生には Zoom アカウントを割り 当てていないため)。

「事前登録には @kwansei.ac.jp のメールアドレスを使用せよ」、 「サインインには @kwansei.ac.jp のアカウントを使用せよ」と周知すれば、 なりすましをある程度は防げる。 ただし、@kwansei.ac.jp のメールアドレス以外の登録禁止や、 @kwansei.ac.jp 以外の Zoom アカウントによる参加禁止は (自動的には) できない。

参考 URL

コメント


アクセス数: 現在: 2, 今日: 2, 合計: 148

Last-modified: 2021-04-23 (金) 22:02:16