教員向け/ppsx形式(PowerPointスライドショー形式)は正しく再生されません

要点

  • PPSX ファイル + Office オンラインは、ほとんどの環境で正しく再生されません
  • PPSX ファイル + Office オンラインで講義ビデオを配布すると学生が混乱します(再生できない学生も出ます)
  • OneDrive を使った講義ビデオの配布・収録には MP4 形式のビデオを推奨します

注意

  • 以下は、PPSX ファイル を OneDrive 上で共有した場合の動作検証結果です。OneDrive を利用せずに (Office オンラインを利用せずに) PPSX ファイルをアプリ版の Office (PowerPoint) で開いた場合とは異なりますのでご注意ください (未検証ですが、アプリ版ではここまでの不具合は起きないと推測します)。
  • PPSX ファイルによって動作が異なるようです。PPSX ファイルの作成時に、何らかの工夫や設定をすれば問題を回避できる可能性はあります (よくわかっていません)。

PowerPoint スライドショー形式 (PPSX 形式) とは?

Microsoft PowerPoint では、 スライドショーを再生するためのファイル形式 (PPSX 形式) が用意されています。 通常の PPTX ファイルを PowerPoint で開くと、 PowerPoint の編集画面が起動しますが、 PPSX ファイルを (エクスプローラやファインダからダブルクリックによって) 開くと PowerPoint のスライドショーが自動的に開始されます。 PPSX ファイルには、PowerPoint 上で付与した、 音声やビデオのナレーションもあわせて記録されています。 このため、PPSX ファイルを配布すれば、 受け取った人の側ではナレーション付きのスライドショーが再生されます。 スライドショーを中断すると、 PowerPoint そのものが終了しますので、 PowerPoint 上でスライドを編集することはできません (※以下参照)。

PPSX 形式のさまざまな利点

PPSX ファイルは、Microsoft Office (PowerPoint) を保有していなくても、 無料の PowerPoint アプリ (OS によって名称は異なります) をインストールすれば 再生することができます。 また、アプリをインストールしなくても、 Office 365 上の PowerPoint オンラインを使えば、 Web ブラウザ上で PPSX ファイルのスライドショーを再生することも可能です。

PPSX ファイルは、(ビデオを含んでいない場合は) 「スライドのデータ + ナレーションの音声データ」ですので、 ファイルサイズが非常に小さいという利点もあります。 PowerPoint のスライドを MP4 形式に書き出すことができますが、 MP4 形式はビデオファイルですので普通に作成すれば大きなファイルになります (以下のように、MP4 形式の場合は再エンコーディングでビデオのファイルサイズを 削減する必要があります)。

講義ビデオ配布に適しているか?

以上から、「 PowerPoint にナレーションを付けて、 PPSX 形式のファイルを「講義ビデオ」として受講生に配布する」というのが 良さそうに思えます。

  1. スライドの編集は禁止できそうだ (※以下参照)
  2. プラットフォームを問わずに再生できる (アプリも無料)
  3. (ビデオと比較して) ファイルサイズが小さい
  4. (ビデオと違って) ベクトルデータなので高解像度ディスプレイでもキレイに表示される

など、理想的な講義ビデオ配布方法に思えます。これらに加えて、OneDrive 上に PPSX ファイルを配置して「共有」する場合には、PPSX ファイルの閲覧・再生のみを許可し、 ファイルのダウンロードを禁止するという設定も可能です。

※、PPSX ファイルを配布すればスライドの編集を禁止できそうな気がしますが、 PowerPoint の「ファイル」→「開く」で PPSX ファイルを開けば普通に編集できてしまいます

理想と現実

PPSX ファイルの目指している方向性は良いのですが、 残念ながらそういった理想を実現できる状況になっていません。

手元のさまざまなコンピュータで PPSX 形式のファイルが正しく表示・ 再生されるかをテストしてみました。

テストには、以下の 2 種類の PPSX ファイルを用いました。

テスト日時は 2020/4/19 です (Office 365 のバージョンアップによって、 現在は以下の不具合が解消されている可能性があります)。

OneDrive 上に PPSX ファイルを配置して、 「リンクを知っているすべてのユーザー」で共有し、 共有リンクをそれぞれの環境の Web ブラウザで開きました。 OneDrive 上の共有リンクですので、 通常、Office オンラインの PowerPoint オンラインが Web ブラウザ内で立ち上がります (以下では、 モバイル版 OneDrive アプリをインストールしたものだけ異なる挙動をしています)。

以下、問題がないものに○、 不具合はあるが (不具合を理解して工夫して使えば) 再生できないことはないものに△、 そもそも再生できないものに×をつけています (一般の学生に視聴させるなら○が求められます)。

検証の結果は以下の通りです。

考察

まったく問題なかったのは Windows 10 + Edge + PPSX ファイルのサンプル 1、という組み合わせだけでした。 他の多くの環境では、 「スライドショーの音声は再生されないこともないが、いろいろ挙動が変」という状況です。 まったく音声が再生されない環境もありました。 また、PPSX ファイルによって、それぞれの環境における挙動も異なりました。

不具合には共通のパターンが見られます。以下の不具合の一部または複数がプラット フォームごとに発生している、という状況に見えます。

この他にも、明らかな不具合ではありませんが以下が気になりました (学生が視聴する 上で混乱するだろうと思いました)。

参考: 推定される PowerPoint オンラインの動作

PowerPoint のスライドショーの挙動を観察していると、 なんとなく内部の処理の流れが見えてきました。 以下は完全に推測ですが、 おそらく PowerPoint オンラインは以下のような動作をしているのだと思われます。

N 枚目のスライドをスライドショーで表示する場合:

つまり、PowerPoint では、オーディオ・ビデオの再生とは無関係にスライドショーが 実時間で進行していると思われます。表示時間 L が 30 秒のスライドなら、30 秒間そ のスライドを表示した後に、自動的に次のスライドに進む、という動作をしていると思 われます。

オーディオ・ビデオのデータのダウンロードに時間がかかった場合や、音声が自動再生 されないため手動で再生ボタンを押した場合、音声がその分だけ遅れて再生される、と いう仕組みのようです。このため例えば、L = 30 秒のスライドにおいて、データのダ ウンロードに Δ = 10 秒かかった場合、「音声が 20 (= L - Δ) 秒間だけ再生された 時点で、突然次のスライドに遷移する」という挙動になります。

この推測が成り立つとすれば、上記の問題 P1〜P4 の一部が理解できます。

以上から、オーディオ・ビデオのダウンロード時間 Δ が小さい状況であれば PowerPoint オンラインはそれなりにまともに動作すると予想されます。スライド当たりの音声を短かくする、ビデオを埋め込まない、高速なネットワーク回線を使う、等とすれば不具合が軽減されるような気がします。

それでも PPSX 形式の講義ビデオを使いたい場合

基本的におすすめしませんが、PPSX 形式の講義ビデオをどうしても使いたい方へのア ドバイスです。以下の (1 番目以外の) 方法は、(少なくとも私は) 動作検証していませんので、 ご自身で動作検証をしてから導入の可否を判断させることをおすすめします。

  1. 本当に PPSX 形式のファイルが必要か再考してみてください

    PPSX 形式 (もしくは PPTX 形式) のナレーション付き PowerPoint スライドを MP4 形式に変換するのは大した手間はかかりません。

    教員向け/PowerPoint による講義ビデオ (MP4ファイル) 作成

  2. PPSX ファイルを OneDrive 以外の場所に配置する

    上記の動作検証で確認している不具合は、すべて Office オンラインに含まれる PowerPoint オンライン (Web 版) の不具合です。少なくとも、Windows や macOS のア プリ版の Office を使えばこういった不具合は発生しないと思われます。ただし、タブ レット PC やスマートフォンでどのくらい再生できる/できないのかは (少なくとも私 は) 未検証です。

  3. PPSX ファイル + OneDrive だが、ダウンロードして、アプリ版の Office で再生するよう伝える

    上記と同じように、 Office オンラインを使用しない (させない) という方法です。 メニューの「デスクトップアプリで開く」を選択するか、 「ファイル」→「形式を指定してダウンロード」→「コピーのダウンロード」によって、 PPSX ファイルをアプリで開いたり、 ファイルに保存することができます。 上と同じく、タブレット PC やスマートフォンでどのくらい再生できる / できないのかは (少なくとも私は) 未検証です。

  4. PPSX ファイル + OneDrive だが、不具合を回避した使い方を伝える

    上記の不具合の中には、致命的なものも、そうでないものもあります。多くの環境で は、「いろいろ変だけど再生できないこともない」という状況です。例えば以下のよ うに受講者に伝えることで、何とか彼ら/彼女らが工夫して使いこなしてくれるかも (?) しれません (こんなことを指示される学生は可哀想ですが……)。

    1. スライドショーが始まらなかったら、「スライドショー」→「始めから」で再生させてください。
      1. 「スライドショー」のメニューが隠れているかもしれません。その場合は、メニューの右のほうにある、「v (その他のタブ)」から「スライドショー」を選択してください。
    2. スライドショーが始まったら、スライドの右下を見てください。アイコンが「▶」だったら再生状態、「❚❚」だったら停止状態です。
      1. 停止状態なら「▶」を押すか、すぐ右の「┇」から「再生」を選択してください (環境によって違うので、いろいろ試してみてください)。
      2. 再生状態でも、ソフトの不具合で音が出ないことがあります。その場合は、ボリュームが下がってないことを確認して、「▶」や「❚❚」を何回も押してみてください。
      3. 最初のスライドの再生が遅れると説明の途中で次のスライドに進むかもしれません。聞き直したかったら、カーソルキーの←や→でスライドをめくれます (パソコンの場合)。macOS だと、カーソルキーが反応しないことがあるかもしれませんが、スライドショーを何度かやり直すと反応することがあると思います。
      4. Android や iOS ではまったく音ができないこともあります。その場合はパソコン (Windows や macOS) で再生してください。

参考: OneDrive に置いた PPSX ファイルの再生方法

PPSX ファイルを配布する際に,学生へのインストラクション資料として御活用ください。

コメント


アクセス数: 現在: 4, 今日: 29, 合計: 4156

Last-modified: 2020-07-16 (木) 21:21:51